新潟大学 フィールド科学人材育成プログラム

研究室紹介

こんな研究ができます!

島嶼生態学研究室(阿部晴恵)

島は進化の実験場と言われるように、生物の形態・生態的変化や固有化など、様々な特異性が見られます。佐渡島や伊豆諸島などの島嶼地域において、これらの進化的背景を、分子系統学的、生態学的手法を用いて研究しています。同様に、島嶼である日本列島とそのmainlandであるアジア大陸間でも、主にツバキ節を対象とした研究を行っています。高山や島の希少植物の保全も対象としています。

海洋生物学研究室 (安東宏徳、北橋隆史)

海洋生物の生態や生理、行動の多様性とその進化的背景を基にして、海洋生物の環境適応のしくみ、特に産卵回遊魚の繁殖制御機構について研究しています。産卵回遊は、フィールドにおける複合的な環境要因への適応として、様々な生理機能や行動の調節が連動して起こる生物現象です。フィールド調査や個体レベルの生物実験、細胞・分子レベルの解析、モデル生物を使った解析など、最新の手法を用いて総合的に研究しています。

水圏生態学研究室 (飯田 碧)

海と川を一生の間に行き来する通し回遊魚は、塩分、水温、流れなど大きく環境の異なる水域を移動します。佐渡島内外をフィールドとして、その生態的な特徴や環境との関わりについて、野外調査、室内実験・微量元素分析により研究を行っています。また、臨海実験所周辺の海でプランクトン・仔稚魚についても調べています。

植物生態学研究室(石崎智美)

野外に生育する植物を対象に、植物の生き方(生活史)や環境への適応を明らかにする研究を行っています。また、植物と昆虫の「食う-食われる」の関係に着目し、植物の被食防衛戦略の多様性や、植物‐昆虫間の相互作用の形成・維持メカニズムや他の生物への影響を調べています。

流域水文学研究室(ウィタカ アンドリューWHITAKER Andrew)

多雪森林山地域に設定した試験流域(村上市、面積=19.45km2)における観測水文気象資料を用いて、降雪、積雪及び融雪等の積雪環境の変化が流域の水収支や流出現象などの水循環特性に与える影響を評価することを目的としています。

地質・地盤災害研究室(卜部厚志)

地震によって引き起こされるさまざまな災害(強震動、液状化、津波)の予測と軽減について研究しています。特に、過去の災害の痕跡は、地層に記録されていますので、地層から過去の災害の履歴を復元することを行っています。過去の災害の履歴や規模を正確に知ることは、災害を予測し、少しでも被害を軽減してくことにつながります。

海藻学研究室(上井進也)

海藻(かいそう)は、浅い海に生育する光合成生物で、陸上植物とは形も色も生き様も全く違う生物です。私たちの研究室では、海藻のもつ形態的・生態的な多様性がどのように進化してきたかを明らかにするために、野外における観察・調査・採集と実験室内での培養実験、遺伝的解析を通して、海藻類の分類や種分化プロセスの研究を進めています。

雪氷学研究室(河島克久)

豪雪、雪崩、雪泥流、融雪、着雪による様々な雪氷災害の発生メカニズムの解明、危険度評価、対策技術の開発に関する研究をフィールドワークを中心に行っています。また、地震・火山活動と複合化した雪氷災害の予測や地球温暖化が雪氷災害や雪氷圏の環境変動に及ぼす影響についても調べています。

チーム新潟平野研究室(久保田喜裕)

平野を取りまく自然環境は、現代人の社会活動の基盤を構成しています。しかし、環境に与える影響はしばしば軽視され、数々の公害・環境問題が生じています。また近年は、大地震や火山災害、斜面災害なども多発しています。平野の汚染や現世の地殻変動、それに伴う地質災害といった「地質現象と人間との関わり」についてみなさんと考えていきたいと思います。

砂防研究室(権田 豊)

豪雨、地震、火山噴火によって引き起こされる、崩壊、地すべり、土石流などの土砂災害の発生メカニズムの解明、海岸林防風林の防風・飛砂防備機能の評価、砂防構造物に設置された魚道の機能の評価など、砂防事業に関わる様々な研究課題に取り組んでいます。

水辺の植物研究室(崎尾 均)

森林の動態やそこに分布する植物の生活史が研究テーマです。植物は開花・結実・発芽・定着などの生活史を通して、周辺の環境と密接に関わっています。特に、河川や渓流周辺の水辺に分布する植物は、洪水や土石流など自然の撹乱に適応して生活しています。また、失われた水辺林の再生・復元や問題となっている外来種についても研究を行っています。

野生動物生態学研究室(関島恒夫)

哺乳類における冬眠の進化に関する研究、稀少猛禽類イヌワシとの共生を目指した森林施行法の確立を目指した研究、トキの野生復帰を目指した採餌環境整備に関する研究、 生物溢れる豊かな水田生態系を甦らせるための研究など、野生動物の保全に関わる研究を行っている研究室です。

生態環境学研究室(中田 誠)

森林を中心とした生態系における植物と生物(とくに鳥類、昆虫類)や、それらを取り巻く環境要因との相互の関係について研究しています。植物の分布や樹木の生育特性、生態系の構成要素である土壌や水、温暖化が植物や生物に及ぼす影響、さらに森林における大気汚染の観測と物質循環など、研究対象と分野は多岐に渡っています。

再導入生物学研究室(永田尚志)

飼育下、あるいは、野外のトキを材料として、遺伝学、生理学、行動学、生態学などの基礎生物学的アプローチを用いて総合的に解析することで、トキの再導入の成功率を高めるトキの再導入生物学の研究を行います。

生物多様性・生態系復元研究室(満尾世志人、岸本圭子)

生物多様性・生態系復元研究室は、里地里山の生物多様性の成り立ちを理解し、圃場整備や農地荒廃などにより消失・劣化した生態系の構造と機能の復元を目指しています。森林や農地に生息する昆虫を含む節足動物や淡水魚類を主な対象とし、個体群・群集動態や種間相互作用網など群集の構造特性の解明や、外来生物の影響評価などの研究を実施しています。

環境社会システム研究室(豊田光世)

自然再生・環境保全事業の推進や自然資源の持続的利活用を実現していくために必要な社会技術(制度、しくみ、合意形成技術等)について研究をしています。地域の自然と暮らしの豊かさを両立するうえでの課題を明らかにし、課題解決を視野に現場での実践にもとづく環境哲学・倫理学の理論構築を行っています。

山岳環境研究室(奈良間千之)

天山山脈、ヒマラヤ、日本アルプス、新潟の山地や丘陵を対象に、現地調査・観測、GIS、衛星画像(可視画像とマイクロ波画像)やUAV(ドローン)空撮画像の解析により、山岳氷河の変動や山岳永久凍土の空間分布、氷河湖決壊洪水、落石・崩落、地すべりなどの地形災害など、「現在山岳地域でおきている事象」をテーマに、山岳環境変動の実態解明を目指して活動しています。

海洋地球化学研究室(則末和宏)

海洋で起こる様々なプロセスや海洋の状態を調べるために、海水中に存在する微量元素とその同位体に着目した観測・分析・解析的な研究を行っています。実際に観測船に乗って観測研究に参画し、一方で陸上では徹底したクリーン分析技術を身につけます。海洋の化学は炭素循環や気候変動とも密接に関係する重要な学問分野です。地道に粘り強く一緒に海洋の新発見をしてみませんか。

大気海洋システム研究室(本田明治)

豪雨豪雪・竜巻突風など新潟地域の極端気象から、大陸~全球スケールの大気海洋大循環まで、観測・データ解析をはじめ理論・数値シミュレー ションなど多様な研究手法を用いて、グローバル・ローカル双方の視点から、大気や海洋のさまざまな謎に取り組む研究室です。

野生植物生態学研究室(本間航介)

寒冷地・多雪地のような環境ストレスの厳しい場所や、里山林のような人為撹乱によって森林が維持される場所で樹木の適応や更新戦略について研究しています。また、トキの野生復帰現場において、里山・棚田生態系が高い生物多様性を保持するメカニズムについて研究しています。環境教育やビオトープ造成などについては地域で環境省や地元のNPOと共同で実践的な取り組みを行っています。

環境分析化学研究室(松岡史郎)

水の中にはさまざま成分が溶けています。その中でも非常に低濃度で存在している超微量金属元素を化学種ごとに分析する方法の開発を行っています。開発した方法を実際の天然水分析に適用することで、天然水に溶けている超微量成分の濃度や化学状態が、自然の仕組みの中でどのように変化しているのかを調べる研究も行っています。

生態系管理計画学研究室(箕口秀夫)

野生動物と共存できる森創りや地域のあるべき生態系の再生を可能にするため、森林に代表される様々な生態系における生き物の相互関係についてその仕組みと働きについて研究します。例えば、小さな野ネズミが樹木の世代交代にどんな役割をしているのか、大きなツキノワグマやニホンジカなどが私たちの享受している森の恩恵にどのような影響を与えるのか、について検証しています。

地理空間情報学研究室(村上拓彦)

森林・林業・自然環境分野における地理空間情報の高度な活用を目指して、様々な研究を展開しています。最近はUAV(ドローン)によって空撮された画像を用いて森林の3Dモデル作成などに取り組んでいます。その他、人工衛星や航空機によって撮影された画像の解析なども行っています。いまやフィールド研究の高度な展開に地理空間情報の活用は欠かせません。

鳥獣管理研究室(望月翔太)

広域空間スケールにおける野生動物管理に関する研究を行っております。自然環境の過剰利用(オーバーユース)や里地里山の利用・管理の縮小(アンダーユース)に伴う問題の解決を目標に、鳥獣害(ニホンザル・ツキノワグマ・イノシシ・ニホンジカ)の研究や自然再生(トキ・ライチョウ)の研究など、人間と野生動物の軋轢を解消するための研究課題に取り組んでいます。

森林遺伝育種学研究室(森口喜成)

森林を構成する植物の遺伝的な特徴(遺伝的多様性や花粉の動きなど)をDNA解析で明らかにして森林の管理や保全に応用する研究や、樹木の品種改良や種苗生産(無花粉スギやマツノザイセンチュウ抵抗性など)に関わる研究を主に行っている研究室です。

河川工学研究室(安田浩保)

河川工学研究室では、洪水による被害軽減のために、(1)河川の中や河川からあふれ出した水の動きの物理的な予測手法の研究、(2)河川内の底面起伏や流路の変動の機構解明のための研究を行っています。これらの研究により、現在の技術では難しい、かつて経験がないほどの豪雨時にどこから水があふれかの予測の実現、大規模な洪水を安全に流下させられる河川の設計の実現を目指しています。

農業水利学研究室:水研(吉川夏樹)

近年の人口増加に加えて地球温暖化の進行によって、地球上の水の偏在化が顕著になっており、21世紀は「水の世紀」だと言われています。農業生産にとって水は不可欠ですが、その量は少なすぎても多すぎても問題があります。農業水利学研究室では、シミュレーション技術や地理情報システムを駆使して、農業と水に関する多くの課題の解決策を見出すために日々研究に取り組んでいます。

水文地質学研究室(渡部直喜)

地すべり、斜面崩壊の発生に寄与する地下水の動きを研究しています。地下水の水温・化学組成・同位体組成を指標として追跡することで、地すべり、斜面崩壊の多発する山地・丘陵の水文地質学的特徴を明らかにします。この他、断層盆地の地下水・地熱水の動き、岩盤・地層の風化による土砂生産などの研究課題にも取り組んでいます。